第27回3学会合同呼吸療法認定士認定講習会及び認定試験
 3学会(一般社団法人日本胸部外科学会、一般社団法人日本呼吸器学会、公益社団法人日本麻酔科学会)合同呼吸療法認定士認定委員会は「3学会合同呼吸療法認定士」の認定を行うため、標記認定講習会および認定試験を実施します。
■ 講習会の目的・開催趣旨
 臨床工学技士、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士の中で、それぞれの職種において呼吸療法に習熟し、呼吸管理を行う医療チームを構成する要員を養成し、かつそのレベルの向上を図ることなどを目的とする。
> 3学会合同呼吸療法認定士認定制度について

■ 認定講習会について
1.受講資格 次の1)、2)ともに満たすこと

 1)いずれかの免許および実務経験年数を有する者(実務経験は
免許登録日以降、証明書類作成日までとする)。
   a)臨床工学技士:経験2年以上
   b)看護師   :経験2年以上
   c)准看護師  :経験3年以上
   d)理学療法士 :経験2年以上
   e)作業療法士 :経験2年以上
     ※免許登録日が2020年4月17日以降の方は、要件を満たさないためお申込できません。

 2)受講申し込み時から過去5年以内に、認定委員会が認める学会や講習会などに出席し、
  
12.5点以上の点数を取得している者(その受講証、または修了証の写しを受講申し込み時に添付すること)。

> 認定委員会の認めた学会及び講習会(個別の開催案内はしておりません。各主催団体にお問合せください。)

2.受講方法・日程・定員等
 第27回認定講習会は、下記2つの受講方法で実施します。
受講方法 開催期間(2022年) 定 員 受講料 備 考
eラーニングのみ 9月 5日(月)~ 30日(金) 3,000名
20,000円
eラーニング推奨環境
会場+eラーニング 会場:8月23日(火)~ 24日(水)
eラーニングは上記のとおり
160名
30,000円
会場:砂防会館大会議室
・申込およびeラーニング受講にはインターネット環境が必要です。
・eラーニングは会場開催を収録した動画研修形式となります。
・いずれかの受講方法(eラーニングのみ/会場+eラーニング)でお申込みください。
・全課程を受講すると受験申込資格が得られます。
・会場+eラーニングの場合は、会場またはeラーニングのいずれかで受講完了すると受験申込資格が得られます。

【受講方法の希望と、その決定方法について】
 申請書類作成時に、受講方法を選択します。定員超過した場合は抽選となりますが、受講方法の選択で不利になることはありません。会場+eラーニングが定員超過となった場合は、抽選によりeラーニングに振替となります。予めご了承ください。

3.講習会の講義内容
  1.血液ガスの解釈
  2.呼吸機能とその検査法
  3.呼吸不全の病態と管理
  4.呼吸リハビリテーション
  5.酸素療法
  6.人工呼吸器の基本構造と保守および医療ガス
  7.気道確保と人工呼吸
  8.NPPVとその管理法
  9.開胸・開腹手術後の肺合併症
 10.新生児・小児の呼吸管理
 11.人工呼吸中のモニター
 12.呼吸不全における全身管理

■ 認定試験について
1.受験資格

 1)第27回認定講習会を受講した者
 2)講習会受講免除者 ※通常、受講した年度を含めて3年間は認定試験の受験資格が与えられます。

 認定講習会受講免除者は、「実務経験証明書」の提出は不要です。但し、受講免除を証明する書類として、受験票、試験結果通知書のいずれかのコピーを提出していただきます。


2.日程・会場・受験料

日  程 2022年11月の日曜日 開場11時 終了16時(予定)

注意:新型コロナウイルス感染拡大の状況等によっては、延期等の対応策を講じることがあります。その場合は、こちらに掲載しますので必ずご確認ください。

 会 場 東京都内
 受験料 10,000円


■ 認定講習会 受講申込み方法等について *定員3,000名

◆Email登録◆
 登録後に書類作成フォームをご案内します。

Email
登録期間


登録は実施要領(PDF)最終ページから
2022年2月16日(水)10時 ~


  ◆実施要領(PDF)

  ◆よくある質問について(PDF)


◆書類作成および申請について◆
書類作成
及び
ダウンロード
2022年3月31日(木)17時まで
※書類をお渡しすることはできません。ダウンロードのみです。
申請書類
受付期間
2022年4月11日(月)8時 ~ 15日(金)17時
期間中に差し出された『特定記録郵便』のみ
◆一人一通のお申込みとし、複数の申込は無効となります。
◆定員を超過した場合は、抽選となります。
◆提出順ではありませんので密を避けてご提出ください。
注意事項
書類受付は『特定記録郵便』のみです。
「受取拒否」となるもの
・『特定記録郵便』以外での差し出し
   例:普通郵便、配達日指定郵送、事務局への直接持込みなど
・受付期間外に郵送した申請書類
   例:4月11日(月)午前8時より前(午前7:59、午前0:00など)
受付期間中に郵便窓口から『特定記録郵便』で差し出した書類を受付けします。但し、定員超過の場合は、無作為抽出による抽選とし、その旨ホームページに掲載します。郵便窓口の営業時間と『特定記録郵便』の取扱いを事前に確認してください。
差し出し時の控えは郵便局への問合せに必要となります。必ず保管してください。
提出書類は返却いたしません。
◆申請には公的な顔写真付き本人確認書類のコピー提出が必要です。
 提出が出来ない方は申込みできません。
 次のいずれか1点を提出してください。(有効期限がある場合は期限内のもの)
   1.運転免許証
   2.パスポート
   3.社員証または学生証
   4.写真付き住民基本台帳カード
   5.マイナンバーカード

■ 認定講習会 受講申込みの流れ

STEP 0 実施要領を熟読し、書類作成フォームへの
入力内容を必ずメモしてください。

STEP 1 Email登録してください。
登録完了メールが自動返信されます。
(1~2時間かかることがあります)
STEP 2 メールから【受講】書類作成フォームにアクセスして
必要項目を入力します。

STEP 3 【受講】フォーム入力完了メールが届きます。
ダウンロード書類を印刷します。
STEP 4 申請書類に署名捺印、実務経験証明書の交付、
その他必要書類を準備してください。

STEP 5 受付期間中に『特定記録郵便』で送付してください。










■ 受講免除の申込みについて *定員なし

◆Email登録および申請について◆
 申請にはEmail登録が必要です。登録後に申請フォームをご案内します。
Email登録
および
申請期間
登録・申請は
実施要領(PDF)最終ページから
2022年3月10日(木)10時 ~ 31日(木)17時
注意事項
申請はwebのみです。
申請定員はありません。
期間外は一切対応できません。

  ◆実施要領(PDF)
※実施要領の一部を更新しております。ご注意ください。(第24回特別措置/証明書類について)。

■ 受講免除申請の流れ
STEP 0 実施要領を熟読してください。
必要書類の写真を準備してください。

STEP 1 Email登録してください。
登録後、登録完了メールが自動返信されます。
(1~2時間かかることがあります)

STEP 2 メールから【受講免除】申請フォームにアクセスして各項目に入力、証明書類をアップロードします。
STEP 3 【受講免除】申請完了メールが届きます。


■ 注意事項
 次の事項に該当する行為を行った場合には、これを不正とみなし、受講・受験の資格を与えません。
 また、受講・受験後に不正が発覚した場合には、これを無効とします。

 ①受講・受験申込時に提出された書類に虚偽の記載があった場合
 ②受講・受験会場において、替え玉受講・受験等の不正行為が行われた場合

 不測の事態が発生した場合は講習会・試験を中止することがあります。その場合はホームページでお知らせします。
 なお、中止に伴う個人的損害の補償はいたしかねますので、予めご了承ください(但し、受講・受験料を除く)。
■ 問合せ先
3学会合同呼吸療法認定士認定委員会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷1-28-34 本郷MKビル 2階
公益財団法人 医療機器センター内 
Email kokyu-m@jaame.or.jp